領土問題で譲歩する国に未来はない




「外交の安倍!」などと、


ネットではもてはやされる傾向がありますが、


このニュースを見ても、そんなことが言えますか?



「外交青書『北方4島は日本に帰属』表現消える」
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190423-OYT1T50168/



…。


なんと、情けないことでしょう。


ロシアに譲歩すれば、


平和条約の締結が実現できると焦ってしまったのでしょうか?


そんなはずがありません。


ちょっとでも譲る姿勢を見せてしまえば、


そこにつけ込まれるだけです。


人同士であれば、


今後の関係性を鑑み、「お互いに譲歩」する場面は間違えなくあります。


しかし、


自国の利益を最優先し、


相手国から何かを奪おうと常に考える外交と、


人同士の関わりとは全く違うのです。


そんな当たり前の現実を現在の政府は理解していないのでしょうか…?


…。


ともかく言えるのは、


領土問題で譲歩するような国は、


早晩、身ぐるみをはがされ、


国そのものが消えてなくなるでしょう。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人気ブログランキングに参加しています。ぜひクリックをお願いいたします。

社会・経済ランキング
にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

【ツイッター】

コメント

このブログの人気の投稿

財政破綻プロパガンダを打破せよ!

国民の貧困化を問題視せよ!

異色の対談「安藤裕×山本太郎」