日本にすり寄る中国




中国が日本にすり寄ってきています。



「中国外交トップが来週訪日 6月首脳会談へ最終調整」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000005-kyodonews-pol



…。


2010年に日本を経済規模で抜いて以来、


尖閣諸島への侵略行為にしかり、


さまざまに上から目線の態度を示してきた中国ですが、


最近、我が国にすり寄ってきています。


理由は、アメリカとの貿易戦争が


相当に中国内の経済活動に悪影響を与えているからでしょう。


彼らにすれば日本を抱き込み、


少しでもアメリカとの交渉を有利に運びたいとの思惑があるわけです。


狡猾な国ですね。


我が国もある意味では見習わなければなりません。


さて、我が国はどうするのか?


相手の甘い顔に合わせて、甘い顔をするのか?


そうではないですね。


中国の現在の弱い立場に付け込んで、


海洋進出などを抑え込む取り決めを結ぶことなどが必要です。


同時にその間に、デフレから脱却し、


経済大国の立場を少しでも取り戻さなければなりません。


中国とアメリカが「灰色の戦争」をやり合っている今、


ある意味チャンスです!



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人気ブログランキングに参加しています。ぜひクリックをお願いいたします。

社会・経済ランキング
にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

【ツイッター】

コメント

このブログの人気の投稿

財政破綻プロパガンダを打破せよ!

国民の貧困化を問題視せよ!

異色の対談「安藤裕×山本太郎」